10000万食規模のセンターは断念したが、東塩田小・川辺小の自公給食廃止の方針はは変更しない
水道事業は公共性公衆衛生の見地から事業は市町村が経営する者